今月の陶芸 10月  早川 周三

Posted by on 2022年09月28日

 

作陶時の感想と言われても・・・・・                  

「有閑人展」は朝日、毎日、神戸、京都新聞各社の「陶芸好き者」が集まり、 
NHKを加えて、始めた展示会で1979年(s54)が第1回。今年で40回を数えました。
私は
勿論途中参加でしたが、20年近く席を温めております。            

 第1回に参加した方は、もはや故人で、現在は新聞人に入れ替わって、放送人が
中心になっています。名前の付け方も「有閑人展」なんて名前を付けています。  

 そこで、私がその第40回の当番で、出品する作品を何にするか随分迷いました
が、松尾芭蕉の「奥の細道」が頭に浮かび、40回、(40年を費やしてやっとた
どり着いた)、「菅笠」に「お地蔵さん」に決めた次第です。         

早川 周三(MBS)

 

 菅笠

粘土:信楽赤土特漉し      
焼成:電気窯 酸化焼成 焼締め風
寸法:直径 40㎝  高さ 12㎝ 

.

お地蔵さん

粘土:白御影土         
焼成:信楽窄窯焼成(赤松自然釉)
寸法:高さ 30㎝  直径 11㎝