「おいしい猪に 雪見酒!!」 食の文化を食べる会

Posted by on 2014年03月07日


「食の文化を食べる会」今回は遠出。2月19日、四条大宮に20名が集合、大森サンバレーからの迎えのバスに乗り込む。
 国道162号、周山街道を北へ。高山寺下を通りしばらく清滝川沿いに、小野から周山街道を離れ北へと進む。

 
  
 目的地一歩手前、無人の寺、雪の中の安楽寺に、オーナーの寺谷氏が出迎えてくださる。

 
 まず安楽寺について寺谷氏の説明を拝聴。
文徳天皇第一皇子、惟喬親王遺跡、中には有形文化財、木造如来形立像、木造薬師如来座像、木造僧形座像、木造天部形立像が安置されていた。
 
 

 
 愈々水車の回る築102年の寺谷邸へ。
 
 おいしい猪とは子供を産む前の若いメス(乳首で判断)下処理の仕方等などのお話あり。
 ビールで乾杯 囲炉裏で焼いた山椒焼き猪でスタート。
 
 
 
 本来猪鍋は割下でいただく。
 うまい! おいしい!とお酒もどんどん進み、締めのフルーツ、コーヒーで皆様大満足。
 その上おみやげ、あん入り草餅(食事中に庭で餅つき)とチリメン山椒のおみやげ。
 これがまた美味!。
 
 
 
 皆様に喜んでいただき「食文化・・・」担当の広田さんも私もホッ!でした。

               間島光代(THK)