メディアウオッチング例会(12月)

Posted by on 2014年01月20日

▼ゲスト 野添泰男(演出家 関西テレビ元副社長)
 
▼テーマ 放送史に残る名物番組の軌跡を追う
    「どてらい男(やつ)」(全181回、1973年~1975年)ほか
    「青春の深き淵より」(1960年放送)で芸術祭大賞受賞         

主な内容
  ◎     東京に負けない気概があった 大阪初の民間放送テレビ「OTV」
  ◎     「OTV(大阪テレビ)」は3年で解散、合併へ
  ◎     2時間の開局記念番組が2時間40分に延びる 手づくりの時代
  ◎     宝塚歌劇をテレビの電波に
  ◎     社会派ドラマ「青春の深き淵より」で芸術祭大賞受賞
  ◎     テレビは社会的弱者のためのメディア
  ◎     VTRの編集に稟議書を書いて社長決裁
  ◎     根性ドラマ「どてらい男(やつ)」は181回放送のロングラン!?
  ◎     個性的な番組が消える テレビは面白くないから見ない
  ◎     作り手は“謙虚に”“丁寧に”“慎重に”
  ◎     10年後のテレビ 地上波は残るが、質は低下
  ◎     放送局(ステーション)には“作り手が”いなくなった
 
  「メディアウオッチング例会(12月)の模様はこちらから閲覧ください。