平成31年 総会

Posted by on 2019年05月03日

平成31年 総会・春季懇親会は
4月12日(金)太閤園で行われました。


西村会長の挨拶

いいお天気になりました。沢山おいでいただきありがとうございます。

新しい元号が令和と決まり平成も残り少なくなりました。新しい年にはどんな風が吹くのでしょうか。

いつまでも平和が続いてほしいです。

私はこの総会を持ちまして次の山本さんにバトンタッチして会長を退きます。

会員の皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

 

 

30年度一般活動報告
鈴木理事長

昨年初頭より各社にご協力をお願いし、賛同を得ていろいろな記念行事を行うことができました。
北村、川越両理事を実行委員長として春の総会は150人を超える盛会でした。記念講演に西川きよしさんをお呼びしました。また「とるぞう」も大好評でした。各同好会も盛りだくさんな記念行事を行いました。活動の詳細はホームページをご覧ください。現在会員数は323名です。31年度活動方針として
・会員を増やす
・同好会活動の枠を広げる
・他地区との交流を図る。
を目標と致します。

 

○新副会長2名を紹介
 讀賣テレビ   西 正紀
 朝日放送テレビ 渡辺克信

 

 ○ 新会長 挨拶
山本雅弘    (毎日放送)

 

こてこての大阪生まれの大阪育ちです。西村前会長とはワッハ上方の時、橋本知事と交渉した仲間です。
東京支社勤務も長かったのですが大阪弁はぬけていないようです。妻も会員ですので二人でお世話になります。
地上波デジタルが第二の開局としたら、現在は放送と通信の融合となる第三の開局であります。
今後、会員数を増加させる努力と現役世代への応援等の貢献を考えましょう。

 

来賓代表挨拶
朝日放送テレビ㈱
常務取締役 緒方 謙

令和の年は忙しい年になります。各種選挙、G20、消費など税アップなど。
また秋にはワールドカップラグビーも。昨年は自然災害で大変な日々でしたが、今年はコンピューティング革命に放送業界がさらされています。ネットでの情報拡散です。正確な情報であればいいのですがネットというプラットホーム上に真偽の疑わしい情報があふれています。危機管理が求められています。
様々な課題が山積みです。各社連携を取り乗り切らなければなりません。OBの皆様、温かい目で見てご指摘をいただきたい。令和の年、益々のご発展を。

 

乾杯
日本民放クラブ村上会長 

関西民放クラブの多彩な活動ぶりに刺激を受けました。本年度の方針、地域クラブとの広がりを作ろうというお話に賛同します。
会長が交代されましたが、両会長とも民放連で委員会、放送番組センター等大変お世話になりました。
各地のクラブの共通の悩みは、会員が増えない、若い人が増えないことです。
関東でも会員増強プロジェクトを作りました。会員各社はもとより、未加入の放送局(BS,CSなど)にもプロモーションしています。
民放クラブは魅力ある素敵な組織であることをPRしていきたい。またぜひ各地区の同好会とも交流を深めていきたい。
とにかく、世界で唯一の組織です。誇りをもって楽しく新しい令和の時代に躍進を。
関西民放クラブの益々のご繁栄と皆様方のご健勝とを祈念して乾杯を。

≪乾杯≫