新春囲碁大会   松岡4段(ABC)が優勝

Posted by on 2015年01月29日

 

優勝の松岡4段(左)と中嶋会長

 囲碁同好会は1月26日、関西民放クラブ事務局において新春囲碁大会を開き、松岡4段(ABC)が優勝した。引き続き、近くの北京飯店に会場を移して総会と新年会を行い、平成27年の活動計画などを承認した。

 囲碁大会は11人が参加、棋力の近いもの同士で3局ずつ対局した結果、3連勝した松岡4段が優勝したが、2位は長崎5段(ABC)、さらに昨年12月、同好会に再入会した三輪4級(ABC)が3位に食い込んだ。三輪氏は早速3級に昇級することになり、これからの活躍が期待される。対局後、BB賞の丹羽3段(KTV)と、3位までの3人が表彰された。

 この後、北京飯店で総会を開き、会計報告、事業報告などがあり、平成27年も毎月第2、第4月曜日(例会日が祝日の場合はその週の木曜日)に民放クラブ事務局で例会を開くこと、会長が中嶋3段(TVO),会計幹事が牧野7段(ABC)の現体制で行くことなどを全会一致で承認した。また、棋力向上著しい尾崎1級(ABC)が晴れて初段に昇段することも承認された。

 なお、牧野氏は囲碁普及の交流会に参加するため、使節団の一員としてオーストラリアに出かけていて、今大会は欠席だった。

(TVO中川民雄)