関西民放クラブについて

関西民放クラブとは

関西民放クラブは、全国民間放送の元在籍者で関西地方に在住の方々と、その他の地方でも特に入会を希望される方で構成され、総会・懇親会や同好会及び各種の催し物を通じて、会員の懇親、趣味や研究の交流を深め、互いの出会いを大切にしながら、会員相互の生涯生活の充実を図るところに最終の目的をおいております。

関西民放クラブと、同様なクラブは北海道、東北、関東、北陸、東海、中部、四国、九州の各地にあり、これらのクラブの連合組織として1989年4月に「日本民放クラブ」が結成されました。

関西民放クラブは、総会で選出された26名の理事と2名の監事で構成する「理事会」で会長、理事長、事務局長を選任し、会の運営を担当しています。毎月1回の定例理事会のほか、理事の中から毎日1名以上が事務局に常駐(月~金)し、会員の皆様との連絡にあたっています。

関西民放クラブへのお誘い

関西民放クラブへのご入会をおすすめします。
関西民放クラブ 会長 西村  嘉郎

春の総会、秋の懇親会をはじめ、定例懇親会や同好会など、たくさんの行事と仲間が、皆さんをお待ちしています。
関西民放クラブは、昭和63年(1988)7月に、民間放送の開業時代を知る世代の人々によって創立されました。社会に開かれた放送という仕事にたずさわった人々が、会社の枠を超えて一堂に集まっているのが特色です。
他の業界では、どこにも見当たらないオープンな組織だと思います。

また、変化の時機を迎えているといわれる民間放送現役の人々への”応援団”でもあります。OB,OGになられた方々に、一人でも多く仲間になっていただき、関西民放クラブの活動に参加されることを願っています。

関西民放クラブでは、会員の皆様がこれからの人生を楽しく過ごされるために数多くの同好会を造り、その運営を手伝います。これまで趣味として楽しんでこられたもの、興味があって始めてみたいものなど、気軽にご参加いただけたらと思います。
関心のあるものには、まずチャレンジください。

関西民放クラブの足跡 
1985年10月 関東民放クラブ設立
1988年7月 関西民放クラブ設立 事務局担当は朝日放送 会員数は231名
須藤会長・田邉理事長でスタート
1989年4月 日本民放クラブ発足
1992年4月 事務局担当、毎日放送に 真崎会長・田村理事長
1996年4月 事務局担当、関西テレビに 沙川会長・小谷理事長
1998年4月 事務局担当、読売テレビに 針山会長・川上理事長
1998年10月 創立10周年記念懇親会開催 会員数は527名
1999年4月 針山会長から竹内会長に交代
2000年4月 事務局の幹事社持ち回り体制を廃止 顧問各社の後援で、関西民放クラブ事務局開設
竹内会長から田邉会長に交代 会員数570名
2002年4月 田邉会長から北野会長に交代 会員数594名
2003年10月 創立15周年記念懇親会開催 会員数は582名
2004年5月 創立15周年記念海外旅行実施
2004年10月 定例懇話会スタート
2008年4月 川上理事長から大橋理事長に交代
2008年10月 創立20周年記念懇親会開催 コールマカーナ15周年記念演奏会 会員数は483名
2011年4月 北野会長から西村会長に交代
2012年4月 大橋理事長から鈴木理事長に交代